まちの“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > まちの“いま” > とみおかワインドメーヌにて、ブドウ(メルロ)の収穫が行われました

とみおかワインドメーヌにて、ブドウ(メルロ)の収穫が行われました

10/1(土)6時、太平洋の海が望める小浜圃場にボランティア約70人が集合。
ボランティアの手によりひと房、ひと房、大切に収穫されたブドウは、昨年の倍近い収穫量になりました。
「多くのボランティアのみなさまのご協力で、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、メルロと3種類のブドウの収穫が無事に終わりました。ワインの出来上がりを楽しみにしてください」と圃場の総括リーダーの細川さん。

収穫されたブドウは、委託醸造先である川内村の「かわうちワイン」に運ばれ、実と枝を分ける機器に入れられた後、仕込みに。
1週間前に収穫されたシャルドネはフレンチオークの新樽に入れられ、かわうちワインの低温室で発酵中でした。

一般社団法人とみおかワインドメーヌ
とみおかワイン葡萄栽培クラブ
福島県双葉郡富岡町小浜438−1
0240-23-7606
https://tomioka-wine.com/