相双地域の“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > まちの“いま” > 国道6号線沿い富岡町にある『リプルンふくしま』をご紹介します

国道6号線沿い富岡町にある『リプルンふくしま』をご紹介します


国道6号線沿い、富岡町にある『リプルンふくしま』をご紹介します。

『リプルンふくしま』は、環境省の特定廃棄物埋立情報館です。
放射性物質に汚染された廃棄物等の埋立処分を行う事業について発信しています。

展示は、「動かす」「さわる」「遊ぶ」をコンセプトに、
・どのように処理していくの?
・埋立処分とは?
・安全のために
・地域のこれから
とソーンごとに、パネル・模型・映像が用意されており、
スタッフの方が、グループごとに付いて、わかりやすく説明してくださいます。
伺った日は、県外からの生徒さんたちがいくつかのグループに分かれ、説明を聞
いていました。

スタッフは通常7名で対応。
コロナ前は平均70~80名が来場していたそうですが、現在は30~35名と
少し落ち着いているとのこと。
福島の環境再生と復興の歩みに触れられる場所となっています。
最後の写真は、旧型のチラシをスタッフが手作りでリサイクル紙袋にしたもので、
自由に持ち帰りできます。

住所:福島県双葉郡富岡町大字上郡山字太田526-7
電話:0240-23-7781(9:00~17:00)※休館日除く
休館日:月曜日・年末年始 ※当該月曜日が祝日の場合は翌平日
http://shiteihaiki.env.go.jp/tokuteihaiki_umetate_fukushima/reprun/

※事前申し込みをすれば、特定廃棄物埋立処分施設も見学ができます。