公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)公式ホームページ

公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)

お知らせ

ホーム > お知らせ

平成30年6月19日(火)畜産酪農懇談会第1回セミナーを開催いたします。

福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)は、平成30年6月19日(火)に南相馬市の原町生涯学習センター「サンライフ南相馬」で、「畜産酪農懇談会 第1回セミナー」を開催します。

福島相双地域においては、震災前から畜産・酪農が農業の重要な地位を占めており、その再開が農業復興の重要課題となっています。
また、この地域では畜産農家同士の結びつきに加え、耕種農家との協力で循環型の農業「耕畜連携」が行われてきましたが、震災の影響でこれが途切れ、その早期回復が求められているところです。
上記の問題だけでなく、畜産・酪農の担い手は現在、飼料の確保、ふん尿処理など様々な解決すべき共通する課題があることから、こうした課題を共有し、その解決に向けたネットワーク構築やマッチングの場として「畜産酪農懇談会 第1回セミナー」を開催いたします。

当日は、13:00に開演し、内藤廣信氏を座長に、萬田富治技術参与による「相双地域の畜産・耕畜連携の目指す姿」と題した基調講演、全国の先進事例の紹介として眞嶋牧場の眞嶋雄二氏、(株)益子農林の益子光洋氏からの講演、「相双地域の畜産事業者等からの発言及び意見交換会」等を行います。

入場は無料です。
参加希望の方は直接会場までご来場ください。

お問い合わせは、電話番号024-502-1115までお願いいたします。

詳細はこちらをご覧ください。 → セミナー開催要領

平成30年度「地域の伝統・魅力等発信支援事業」の公募について

福島県創業促進・企業誘致に向けた設備投資等支援補助金(第4次公募)について

平成30年度「被災12市町村における地域のつながり支援事業」第1次公募を開始しました。

福島相双復興シンポジウム 新聞広告記事について

福島県原子力被災事業者事業再開等支援補助金(中小・小規模事業者の事業再開等支援事業)第5次公募を開始いたしました。

福島相双復興シンポジウムの実施報告につきまして

事業再開等を果たされた事業者のご紹介について

福島相双復興シンポジウム開催案内の更新につきまして

平成30年3月3日(土)に郡山市のビッグパレットふくしまで開催いたします、「福島相双復興シンポジウム~相双地域の事業・なりわい再生から福島の未来を創造する~」につきまして、パネルディスカッションの登壇者を掲載いたしましたのでお知らせいたします。

詳細は、こちらをご覧ください。☞福島相双復興シンポジウム開催の案内

福島相双復興シンポジウムを開催いたします。

福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)は、平成30年3月3日(土)に郡山市のビッグパレットふくしまで、「福島相双復興シンポジウム~相双地域の事業・なりわい再生から福島の未来を創造する~」を開催します。

これは、事業者や有識者からのメッセージにより、事業・なりわい再生について考えるきっかけの場とするとともに、福島・相双地域の未来の大きなポテンシャルを内外に示していくことを目的としたものです。

当日は13:30に開演し、アイリスオーヤマ株式会社の大山健太郎社長による「ユーザーインの経営と福島の復興に向けて」と題した基調講演を行います。また、一般社団法人福島県中小企業診断協会の渡辺正彦会長がモデレーターを務める、「相双地域の復興をけん引する事業者の取り組みと今後のビジョン」と題したパネルディスカッションおよび一般社団法人RCFの藤沢烈代表理事がモデレーターを務める、「相双地域から考える新しい地域の創造」と題したパネルディスカッションを行います。

入場は無料です。氏名、所属・団体名、連絡先、住所(郵送先)を記載のうえ、symposium@fsr.or.jpに電子メールで送信ください。

お申し込み多数の場合は抽選となります。(お申込みの結果は、当選通知の発送をもって代えさせていただきます)

お問い合わせは、電話番号024-502-1117までお願いいたします。

詳細はこちらご覧ください ☞ シンポジウムのご案内

1 / 612345...最後 »

お問い合わせcontact

公益社団法人 福島相双復興推進機構
(福島相双復興官民合同チーム)
〒960-8031
福島県福島市栄町6-6 NBFユニックスビル4階

024-502-1117受付 9:00~17:00(土日祝日・年末年始除く)

訪問申込受付はこちら