まちの“いま”

ホーム > 福島相双の“いま” > まちの“いま” > 宝蔵寺の紅葉ライトアップが始まりました。   [                             (南相馬市鹿島区)

宝蔵寺の紅葉ライトアップが始まりました。   [                             (南相馬市鹿島区)


 「万葉の里」と呼ばれる南相馬市鹿島区内にある宝蔵寺。平安時代末期、源義経の従者であった佐藤忠信の奥方「楓姫」の伝説に由来のある推定樹齢400年となる楓をはじめ、福島県内でも有数の紅葉の名所として知られております。2019年より開催されている境内のライトアップが、今年2021年も、11/17(水)~11/23(火)まで開催されます。今年は「かしまプロムナード2021~光の散歩道~」と称し、宝蔵寺の他、3つの寺院と鹿島区内にある“万葉の里風力発電所”をライトアップ。晩秋の鹿島が、幻想的な光に包み込まれます。先ずは、光をまとい美しく着飾った楓姫の楓をご覧ください。
(写真撮影 11/17)

◆平出山摩尼院 宝蔵寺
  南相馬市鹿島区北海老字北畑20
  ※11月20日(土)は、16:30から点灯イベントあり

◆かしまプロムナード2021~光の散歩道~
ライトアップ期間:2021年11月17日(水)~2020年11月23日(火)
16:30~19:30(来場無料)

2021年11月18日掲載

同市町村の他の記事

福島相双の“いま”