相双地域の“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > まちの“いま” > ”ふたば ふるさとカルタ”がラッピングされています

”ふたば ふるさとカルタ”がラッピングされています


JR双葉駅東側駅前広場で始まった双葉町仮設庁舎建設工事の区画壁に”ふたば ふるさとカルタ”がラッピングされています。
このカルタは、2016年に、町民のみなさんに双葉町らしい読み札を募集し、応募いただいた731点の中から選ばれた46枚となっているそうで、伝統・文化・習慣や自然など、双葉町にまつわる代表的な事柄が凝縮しており、若い世代へ町について伝えるための初級教材としても利用しているとのこと。
来年春頃の避難指示解除に向けて、双葉駅周辺も着々と工事が進められる一方で、カルタの「んだぁんだぁ・・・」を読んで、心を和ませてくれそうです。
浜通り地域にお越しの際は、是非、JR双葉駅東側駅前広場にお立寄りいただき、壁画アートとともに、このカルタのラッピングもご覧下さい。