まちの“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > まちの“いま” > 大熊町交流ゾーンにある『ほっと大熊』は、日帰り入浴可能の宿泊施設

大熊町交流ゾーンにある『ほっと大熊』は、日帰り入浴可能の宿泊施設

『ほっと大熊』の館内は自宅に帰ってきたかのような”ほっと”できる雰囲気に包まれています。

客室は、和室1部屋と洋室12部屋の計13室。木の温もりを感じる部屋の鍵。部屋の入り口には、木目色のカラフルベコが迎えてくれました。
オープンクローゼットには、浴場にタオル等を入れて持って行けるビニール製のバックや大きなタオル掛けもあり、便利です。

温浴場には、サウナに水風呂あり。底からバブルが出る浴槽と、側面からジェットが出る浴槽があり、リラックス出来るようあえて42℃以下のお湯に設定されています。

宿泊には食事(夕食、朝食)の提供がありませんので、24時間利用できる宿泊者用のキッチンスペースで自炊するか、外食を。
朝食は、商業施設おおくまーと内にある「はるカフェ」に予約をすれば、”おまかせパンモーニング”がいただけます。(予約は火曜日から土曜日の7時半~8時半まで、8時以降は予約不要)

ほっと大熊
電話番号:0240-23-5767
ファクス番号:0240-23-5779
受付時間:午前10時~午後9時
https://okumakouryu.jp/hotokuma/