まちの“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > まちの“いま” > 【紅葉】飯館村草野地区「綿津見神社」

【紅葉】飯館村草野地区「綿津見神社」


飯館村草野地区の県道12号線沿いに「綿津見神社」の石柱があり、そこを福島方面から左に曲がると間もなく正面に神社が見えてきます。
大鳥居をくぐり、左右に狛犬が配された参道、39段の石段を登ると二の鳥居があり、拝殿へと続きます。
木々に囲まれた境内の中ではモミジが色づき始めており、11月上旬が見ごろと思われます。
建物には長い歴史が感じられますが、社主によれば平安時代初期(807年)に設立され、ずっと飯舘村と人々を見守ってきたとのこと。
「綿津見神社」は水の神ですが、安産、厄除け等にもご利益があり、多くの方が訪れています。
住所:飯舘村草野字宮内156
(写真撮影11/1)