相双地域の“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > まちの“いま” > 火事からの復活!200枚を超える拝殿天井の狼の絵に圧巻~山津見神社~

火事からの復活!200枚を超える拝殿天井の狼の絵に圧巻~山津見神社~



福島支部の平沼です。
今回は飯館村の虎捕山(とらとりやま)にある山津見(やまつみ)神社についてご紹介します。

永承6年(1051年)創立の歴史のある神社です。狛犬(こまいぬ)ではなく白狼が出迎えてくれます。
代々守られてきた山津見神社ですが、2013年4月1日に火事により拝殿等が消失。
震災から2年、村民の消防団員は村外に避難しており、消化活動がままならなかったそうです。焼失した拝殿の天井には、狼の絵が描かれていました。

建物は再建されましたが、天井に狼の姿はないままでした。
そこに手を差し伸べたのは、東京芸術大学の学生達でした。
拝殿の天井に231枚の狼の絵を復元。
一匹一匹違う姿をしています。是非、天井画を見に行かれてみてはいかがでしょうか?

山津見神社の御利益は産業守護、漁業守護、狩猟安全、商売繁昌、良縁祈願など。
また、山頂の本殿は旧暦10月16日に御開帳される予定です。拝殿から本殿までは約30分の険しい山登りになりますが、体力に自信のある方はその目でご覧下さい。

■虎捕山鎮座 山津見神社
住所 福島県相馬郡飯舘村佐須字虎捕266
電話番号 0244-42-0846