公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)公式ホームページ

公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)

支援施策

ホーム > 支援施策 > (活用例2) 地元に戻って事業を再開したい

(活用例2) 地元に戻って事業を再開したい

地元に帰還して運送業を
再開したいCさん

  • グループ補助金の利用を検討しているが、周囲の事業者は既にグループを組んでしまっており、新たにグループを組む相手が見つからない
  • 既存の支援策は製造業に手厚いが、流通業や小売業でも使える施策を増やしてほしい。

日用品の小売業を営むDさん

  • 地元に戻って再開したい気持ちはあるが、人が戻らない場所で事業を再開しても利益がでない。
  • 個人で事業を営んでおり、自分では配達ができないため、商品の宅配サービスを支援してほしい。

例えば、以下の支援施策をご活用いただけます。

中小・小規模事業者の事業再開等支援事業

  • 個社でも使える中小・小規模事業者向けの設備投資等への補助金です。流通業や小売業の方でもお使いいただけます。補助対象者は、個別事業者です。
  • 補助上限額は原則750万円(市町村の復興計画に沿うものとして確認を受けた場合は2,250万円)、補助率は3/4(避難先の場合は原則1/3)です。
    対象となるのは、12市町村で事業を行っていた中小事業者であって、
    中小企業基本法又は中小企業信用保険法に規定する中小企業者及び小規模企業者です。

事業再開・帰還促進事業

  • 事業者が帰還を決断しやすい環境を整備する事業です。具体的には、市町村が各々の実情を踏まえ実施する、地元事業者からの購入を促す取組など需要喚起や住民の帰還を後押しする取組に関して、市町村へ交付金を交付します。

生活関連サービスに要する移動・輸送手段の確保支援

  • 地元商店による共同配達等に必要な輸送手段を支援します。

お問い合わせcontact

公益社団法人 福島相双復興推進機構
(福島相双復興官民合同チーム)
〒960-8031
福島県福島市栄町6-6 NBFユニックスビル4階

024-502-1117受付 9:00~17:00(土日祝日・年末年始除く)

訪問申込受付はこちら