公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)公式ホームページ

公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)

支援施策

ホーム > 支援施策 > (活用例3) 地元に帰還して事業を再開したが、人手が足りない

(活用例3) 地元に帰還して事業を再開したが、人手が足りない

震災後地元に戻り
金属加工業を営むEさん

  • 事業を拡大したいが、避難指示の影響で被災地は人材不足
    ハローワークで求人をしても人が集まらない。
  • 遠方から人を雇おうにも、社宅として従業員を住まわせる安価な住宅設備がほしい
  • 被災地は、人件費が高騰している。
    コンビニでも1000円以上の時給を出しているところがある。

例えば、以下の支援施策をご活用いただけます。

人材マッチングによる人材確保支援

  • 事業再開等を希望される事業者等へ人材確保へ向けた人材コーディネーターを派遣します。
  • その上で、①必要とされる人材の要件を丁寧に聴衆し、ニーズ整理します。
    更に、②求職者ヘアプローチし、ニーズと求職者のマッチングを行います。
  • また、就職のため引越等の移転を伴う場合は、就職される方に対して支度金を給付(上限30万円)します。

中小・小規模事業者の事業再開等支援事業

  • 個社でも使える中小・小規模事業者向けの設備投資等への補助金です。
    被災12市町村におてい事業再開や新規投資される場合は、宿舎整備にも本補助金をお使いいただけます。

~その他ご活用いただける施策例~

事業復興型雇用創出支援事業

被災求職者(福島県は全域)を雇用した中小企業者に対して、人材育成等の雇入れにかかる費用として、求職者を雇用した事業者に対して、一定額を助成します。(15市町村内で事業再開する事業者は、3年間合計で225万円/人。その他の地域では120万円/人。)

お問い合わせcontact

公益社団法人 福島相双復興推進機構
(福島相双復興官民合同チーム)
〒960-8031
福島県福島市栄町6-6 NBFユニックスビル4階

024-502-1117受付 9:00~17:00(土日祝日・年末年始除く)

訪問申込受付はこちら