公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)公式ホームページ

公益社団法人 福島相双復興推進機構(福島相双復興官民合同チーム)

支援施策

ホーム > 支援施策 > (活用例5) 事業をやめた後、地域に貢献する活動がしたい

(活用例5) 事業をやめた後、地域に貢献する活動がしたい

建設業を営んでいたHさん

  • 高齢のため、事業を再開することは考えていないが、避難指示が解除されれば地元に戻りたいが、避難指示によりコミュニティーがなくなってしまったことは非常に残念
  • 現在、定期的に地域の防犯パトロールに参加している。
    この取組を通して、地域の状況を把握したり、住民と交流でき、有意義
  • 今後は、地域や人の役に立ったり、体を動かしたい。ボランティア活動も視野に入れている。

例えば、以下の支援施策をご活用いただけます。

地域のつながり創出支援事業

  • 地域の人と人とのつながりを創出し、地域の活性化や産業振興、まちづくりに資する取組を行うグループ等の活動を支援します。
  • 補助対象者は法人や団体ですが、法人格の有無を問いません年間で5名以上の参画が見込まれる取組で、1つの取組に対して、100万円を上限に補助します。
  • 支援対象の取組は、①地元農商工産品等の活用、②近隣施設の集客効果向上、③地域コミュニティの発展・産業の振興、④環境保全・省エネ、⑤住民の安全・安心のいずれかに資する取組である必要があります。

お問い合わせcontact

公益社団法人 福島相双復興推進機構
(福島相双復興官民合同チーム)
〒960-8031
福島県福島市栄町6-6 NBFユニックスビル4階

024-502-1117受付 9:00~17:00(土日祝日・年末年始除く)

訪問申込受付はこちら