事業者・農業者の“いま”

ホーム > 相双地域の“いま” > 事業者・農業者の“いま” > 田村市の「GREEN for TABLE」(グリーンフォーテーブル)様では、全国でも珍しいまん丸な形の「ふきのとう」(ヤツガシラと呼ばれる品種)が収穫の最盛期を迎えています。

田村市の「GREEN for TABLE」(グリーンフォーテーブル)様では、全国でも珍しいまん丸な形の「ふきのとう」(ヤツガシラと呼ばれる品種)が収穫の最盛期を迎えています。


福島支部です。田村市の「GREEN for TABLE」(グリーンフォーテーブル)様では、全国でも珍しいまん丸な形の「ふきのとう」(ヤツガシラと呼ばれる品種)が収穫の最盛期を迎えています。
「ふきのとう」は春の訪れを1番に教えてくれることでも有名な山菜です。
ママ姉妹が育児に奮闘しながら栽培している、このまん丸な「ふきのとう」は「ふきだるま」と名付けられ、上品な香りと程よい苦み(他の品種と比べ苦みが少ない)が特徴で、そのまま天ぷらにすると花のように薄皮が開きます。
現在は、県内外の飲食店に出荷されています。

これまでに官民合同チームでご紹介させていただいた事業者、農業者の取組につきましては下記よりご覧いただけます。
https://www.fsrt.jp/now

【2024年2月5日掲載】